ナノパーティクル計測器

4 - 300 μmの粒子のサイズと濃度を定量化

qmicro マイクロパーティクル計測器

spacer


qmicroマイクロパーティクル計測器動画はこちら qmicroマイクロパーティクル計測器操作マニュアル動画はこちら

qMicroではサンプルの全量(1μL~1mL)を計測する事ができますので、1mL中に0個の極低濃度サンプルの計測を行います。
100μmの粒子が計測可能ですので、細胞(血小板、赤血球、癌細胞、T4細胞、幹細胞)や環境水、食品などの計測に最適です。
細胞や食品、水質検査等のマイクロ粒子計測に最適

■ アポトーシス細胞のサイズを高精度に定量化

アポトーシス細胞のサイズを高精度に定量化

上のグラフは、血液をqMicroとフローサイトメトリー(FCM)で計測した事例です。
qMicroではフローサイトメトリーのFSCから得られるサイズデータを高精度に定量化することができます。
アポトーシス細胞のような体積が大きく異なる細胞において、FCMで細胞体積あたりの蛍光強度を正確に求めることができます。

■ 活性汚泥由来のバクテリア凝集体の評価

活性汚泥由来のバクテリア凝集体の評価

単体で1μm程のバクテリア凝集が進むことによって40-60μmまで大きくなったことが測定データからわかりました。バクテリアなどのミクロンオーダーの粒子の凝集評価が可能となります。



■ 海水培養中におけるフミン様物質の安定性

海洋培養中におけるフミン様物質の安定性

上グラフは精製水()と海水培地中()におけるフミン様物質を計測した事例です。海水培地中の方が凝集が進んでいることが分ります。

フミン様物質(腐植物質)は、植物や生物の死骸が微生物により分解された高分子有機物で、地球上の有機物の物質循環において重要な構成物質です。フミン物質の凝集を解明することで水浄化の研究や膜ファウリングの解明に役立ちます。


このページの上へ

お問合せはこちら