Drink Japan 2016に(同時開催:インターフェックス ジャパン)
液中の生菌計測、ナノ粒子測定、分子間相互作用解析装置を出展しました


 

 日本唯一の飲料・液状食品の開発・製造展、「Drink Japan 2016(第1回)」に
出展をしました。

 出展製品は、QCM-D マテリアルインタラクション解析装置(Q-Sense Pro 8チャンネルモデル)、 ナノ粒子マルチアナライザー(qNano)、全自動生菌計測システム※(TECTA-B16)、ネオオスミウムコータ(Neoc-Pro)、プラズマソフトエッチング装置(SEDE-PFA)、接触角計(P-50)の実機展示をいたしました。

期間中はたくさんの方にご来場いただき、盛況の内に執り行うことができました。
ご来場いただきました皆様には、厚く御礼申し上げます。












<展示会詳細>

日時 : 2016年6月29日(水)~7月1日(金) 3日間

場所 : 東京ビックサイト(当社ブース No. 24-14)

WEB : Drink Japan 公式ウェブサイト http://www.drinkjapan.jp


<セミナー詳細>

日時 : 6月29日 (水) 15:10~ 15:40
会場 : 製品・技術セミナー会場 EX-5にて実施
タイトル :「新製品・全自動生菌計測システムと最新の水解析装置のご紹介」




出展内容にご興味がいただけましたら、お手数ですが事前にご参加のご連絡をいただければ幸いです。ご予約のお時間に、担当営業員よりご案内させていただきます。


【ご来場予約、各種お問合せはこちら】

電話:03-5379-0051 

メール:こちらから問合せフォームにお入りください


<出展製品 製品詳細ページ>

・QCM-D マテリアルインタラクション解析システム (Q-Sense Pro)


・ナノ粒子マルチアナライザー (qNano)


・ネオオスミウムコータ (Neoc Pro)


・プラズマソフトエッチング装置 (SEDE-PFA)


・ポータブル接触角計 (P50)

ニュースリリース一覧へ戻る

 

トップページへ